コラム

第47回運動を考える(4)

一覧へ戻る

  • sn

    前回、前々回と「運動には食事が重要」で、日本人の現状としては「散歩・ウォーキング」が最も身近な運動であることを書かせて頂きました。よく、散歩・ウォーキングは“いつ”行なったら良いのかと質問されます。朝なのか、夕方なのか、あるいは夜中なのかをお知りになりたいと言うわけです。これについてはいろいろ文献を調査していますが、これぞという研究はありませんでした。従って、散歩やウォーキングはいつでも良いのだと思います。自分の生活習慣に合わせて行なって下さい。

    一方で、散歩・ウォーキングで重要なのは「歩行時間」よりも「歩行距離」だということは明らかになっています(例えば、Med Sci Sports Exerc. 2012, 44(9), 1728-37)。
    早足の必要はなく、自分のペースで、しかしある程度の距離は歩きましょうということです。
    自分の目標を定めて無理のない範囲で少しずつ距離を伸ばしてみましょう。

     さて、朝、お散歩される方は、食前、食後のどちらに歩かれますか?どちらでも構わないのですが、朝食はしっかり摂りましょう。前回に書かせて頂いたように運動による傷害の回復そして運動の身体作りへの効果のためにも朝食は必要です。

    このコラムを読んで下さるような健康への意識が高い方は、いやいや私はちゃんと食べているわよ、と仰る方が大半だと思いますが、図に示すように現代の日本人、特に若い人は意外と朝食を摂っていません。規則正しい食事の習慣を身に付けたいものです。

    仕切り線

一覧へ戻る

トップに戻る